アロマの暗記


角丸パンチ ~ アロマ.png


アロマの暗記

アロマ検定に出題される範囲を総合的にカバーしたアプリ。
「暗記カード形式」での学習に加え、「選択問題形式」で学習できるモードを搭載しているのでクイズ感覚で学習を進められます。カードにメモを登録できるので考えたゴロあわせや関連する事柄などを暗記のヒントとして登録することも可能です。


アプリの特徴

1100問以上の暗記カードを掲載

「暗記モード」掲載範囲


【アロマテラピーの基礎知識】

すべて
アロマテラピーの定義
アロマテラピーの注意事項
アロマテラピーの利用方法
精油についての基礎知識
アロマテラピーと法律
アロマテラピーの資格

【精油のプロフィール】

植物名
和名
学名
科名と種類
主な産地
抽出部位
精油の製造法
精油の主な成分
特徴成分
精油の主な作用
ポイント
原料植物の特徴
使い方
薬理作用

【アロマテラピーで使用する基材】

【アロマテラピーの歴史】

すべて
先史時代~古代
中世~近代
現代

【アロマテラピーと自然環境】

【アロマテラピーの仕組みと健康】

すべて
アロマテラピーのメカニズム
アロマテラピーと健康


※うち精油分野600問は別アプリの「アロマの暗記(精油)」と同じ内容を含みます。
※うち歴史分野150問は別アプリの「アロマの暗記(歴史)」と同じ内容を含みます。

選択問題形式で学習できる

「確認モード」2〜4択の選択問題形式で練習して暗記をスムーズに


aroma01.png

選択式の解答は位置や内容が出題の度に変わるので「設問位置で答えを覚えてしまう」ことなく「暗記したかどうか」を確認できます。 また、解答候補も「一目で違うとすぐわかるような明らかに違う答え」にならないようにしているので 練習にもピッタリです。

「確認モード」で解答した結果は「成績」に反映されます。
「成績がわるい」や「成績がよい」等の条件で指定したものを出題させる事も可能ですので、復習や確認にも適しています。

「暗記のポイント」をメモできる

自分なりの「暗記のポイント」をメモして暗記力アップ


それぞれのカードにメモを記録する事が可能です。

暗記のポイント(語呂など)や補足事項を記録しておき、「暗記モード」や「確認モード」で閲覧し、ヒントや補足説明に利用できます。

答えをみる前にメモを確認して思い出そうとすることで、暗記力アップのお手伝い。

成績管理で苦手克服や復習を効率的に

「暗記モード」で自己設定、「確認モード」で自動反映


それぞれのカードに3段階(よい、ふつう、わるい)の成績が記録されます。

この成績は「暗記モード」で自己設定できるほか、「確認モード」で解答する事で自動変更「正解(1段アップ)、不正解(1段ダウン)」します。

「暗記モード」「確認モード」開始時に成績を指定して対象カードをピックアップすることができるので、

「成績がわるい」を指定して苦手克服
「成績がよい」を指定して復習

など効率的な学習に便利です。

チェックをつけてピックアップ

「チェックマーク」を付けたカードをピックアップ


それぞれのカードにチェックマークを付ける事ができます。

「暗記モード」「確認モード」開始時にチェックの有無を指定して対象カードをピックアップすることができるので、試験直前の最終確認などにも便利です。

「レポートモード」で状況確認

成績の状況と試験までの残り日数と時間を確認


レポートモードで現在の成績状況が確認できます。

また「設定」であらかじめ試験日時を設定しておけば、試験までの残り時間も表示されます。
「成績がよい」カードが増えていくと・・・!?




使い方

メニュー画面

aroma03.png
【覚える】
暗記カード形式の表示で勉強する場合はこのメニューを選択します。

【確認】
選択問題形式で勉強する場合はこのメニューを選択します。

【レポート】
成績の状況や試験までの残り時間を確認できます。
※残り時間は試験日を設定している場合のみ表示されます。

【設定】
設定する場合はこのメニューを選択します。





aroma02.png
【覚える】【確認】のメニューを選ぶと「暗記対象の選択」画面に移行します。

・カテゴリを選択(図:上)
 すべて、もしくは学習したいカテゴリを選択して勉強する場合はこちらを選択してください。

・チェックで検索(図:左下)
 チェックの有無でカードを検索して勉強する場合はこちら選択してください。

・成績で検索(図:右下)
 成績別にカードを検索して勉強する場合はこちらを選択してください。




【設定】

(全般の設定)

検定1級の範囲(2級範囲を含む)を表示したい場合は「オン」に設定してください。
検定2級の範囲のみを表示したい場合は「オフ」に設定してください。

(暗記モードの設定)

「順序」 →学習時に表示される問題の順序を設定します。

「通常の順序」
「成績が悪いものから順に」
「成績が良いものから順に」
「ランダム順」

 この4つから選択して設定してください。

「表示方法」→問題と答えの表示を「交互に表示」「上下に表示」から選択できます。

「解答表示まで」→自動モードで再生した際に解答を表示するまでの時間を設定します。

「次への移動まで」→自動モードで解答を表示した後、次のカードに移動するまでの時間を設定します。

(確認モードの設定)
「確認モード」で解答した結果を成績に反映させるかどうかを設定します。
オンの場合は誤答で成績ダウン、正答で成績がアップしていきます。

(レポートモードの設定)
受験する試験の実施日と時間を入力することができます。


【覚える】(暗記モード)

「暗記の対象を選択」画面にて選択、タッチして開始してください。

aroma06.png aroma09.png

・次の問題に進むには画面をフリック(ページをめくるように)してください。

・答えを表示するには以下の場所をタッチしてください。

「表示方法」の設定が「交互に表示」の場合は、問題が表示されている画面
「表示方法」の設定が「上下に表示」の場合は、「Answer」ボタン


・「成績」の設定
覚えたものは「Good」ボタン、覚えていないものは「Bad」ボタンを押していくと暗記状況が一目でわかります。
また、成績入力をしておくことで「成績で検索」機能にてカードをピックアップできるので効率的な学習の手助けとなります。


・「チェック」マークをつける
「これは!」と覚えておきたいカードには「チェック」マークをタッチしておくと「チェクで検索」機能ですぐにみつけられ便利です。
覚えたけれど試験直前に確認したいカードなどにチェックマークをつけておくと便利です。


・カードを自動めくりにする
答えの表示や次のカードへの移動を自動モードにして勉強したい場合は再生マーク(▶)のボタンを押してください。
【設定】の「解答表示まで」「次への移動まで」で設定した時間で解答の表示、次の問題へと移動します。


・カードにメモを登録する
カードにメモを登録したい場合は、画面左上の鉛筆マークのボタンを押して登録画面にて入力してください。

登録したメモは、画面右下の「memo」ボタンより読むことが出来ます。
メモ画面を閉じる場合は再度「memo」ボタンを押してください。

【確認】(選択問題形式モード)

「暗記の対象を選択」画面にて選択、タッチして開始してください。

aroma01.png

同じ問題でも学習の度に選択肢や表示位置が変わるので、場所で覚えてしまうことがありません。


・正解だと思う選択肢をタッチして解答してください。
 タッチすると正答に○が表示されます。

・【設定】の「確認モードの設定」で成績反映がオンになっている場合、正答で成績アップ、誤答で成績ダウンとして自動で成績に反映されます。

・次の問題に進むには画面をフリック(ページをめくるように)してください。

【レポート】

aroma08.png

【設定】の【レポートモードの設定】にて試験日時を入力してある場合、残り日数と時間が表示されます。また、成績の状況も表示されるので現在の暗記状況を一目で把握できます。

成績を伸ばしてあなたの努力を実らせてください。