アロマの暗記シリーズの比較


「アロマの暗記」シリーズについて

アロマ検定の受験を決めてテキストを手にとった時、一番大変だと感じたのが「覚えるための準備をすること」でした。暗記する内容が多いのでテキストを読みながら一つ一つ覚えるポイントを探して書き出して暗記カードにまとめるのも一苦労。
そこで、アロマ検定を独学で勉強して受験しようとされている方のお手伝いができたら…と、この「アロマの暗記」シリーズのアプリを作成しました。

「アロマの暗記」シリーズには3つのアプリがあります。
特徴と機能の違いをまとめましたので、お好みのアプリ探しにお役立てください。


※アプリアイコンをクリックすると詳細ページにジャンプします。

「アロマの暗記」シリーズ機能比較表


アロマの暗記 アロマの暗記(歴史) アロマの暗記(精油)
暗記カード登録数 1186問(※1) 600問 150問
暗記カード形式での学習
選択問題形式での学習 ○(※2) - -
カードへのメモ登録 - -
カードの自動移動
カードのランダム表示

※1 うち精油分野600枚は「アロマの暗記(精油)」、歴史分野150枚は「アロマの暗記(歴史)」と同じ内容を含みます。
※2 暗記カード1186問のうち1074問を選択問題形式で学習することが可能です。

角丸パンチ ~ アロマ.png


アロマの暗記

アロマ検定に出題される範囲を総合的にカバーしたアプリ。
「暗記カード形式」での学習に加え、「選択問題形式」で学習できるモードを搭載しているのでクイズ感覚で学習を進められます。カードにメモを登録できるので考えたゴロあわせや関連する事柄などを暗記のヒントとして登録することも可能です。

角丸パンチ ~ 歴史.png


アロマの暗記(歴史)

アロマ検定に出題される「アロマテラピーの歴史」分野をカバーしたアプリ。
学習モードは「暗記カード形式」です。

角丸パンチ ~ 精油.png


アロマの暗記(精油)

アロマ検定に出題される「精油のプロフィール」や「基材について」をカバーしたアプリ。
歴史分野で登場する人物に関係する精油などテキスト全体から「精油に関する問題」をカバーしています。
学習モードは「暗記カード形式」です。



(注)
・「アロマの暗記」シリーズでの「アロマ検定」は、公益社団法人日本アロマ環境協会主催のアロマテラピー検定とします。
・アプリの内容は制作時点のものです。
・受験を検討なさる際には必ずご自身で公益社団法人日本アロマ環境協会が発表する最新情報をご確認ください。